鳥

素敵な笑顔、
咲かせたい

のりたけ保育園の
想い

はじめの一歩

はじめての集団生活
はじめての友達
はじめての喧嘩

笑顔もあれば涙もある
家族と離れ、社会と共に成長する

私たちは、園児ひとりひとりの個性
ペースを尊重し
たくさんの“できる”を見つける
お手伝いをしていきたい

小さな“できた”が
未来の飛躍へつながると信じて

園について

理事長あいさつ

学校法人春日学園 理事長 春日 晃章
学校法人春日学園 理事長
春日 晃章
岐阜大学教育学部教授 医学博士
兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科教授

昭和32年に岐阜市則武にはなぞの幼稚園が設立され、
昭和43年に学校法人春日学園として認可されました。
以来、2つの私立幼稚園を運営し、地域の皆様から絶大な支援を
頂と共に、春日学園の幼児教育は多くの皆様からご好評頂いてきました。

そして、令和4年4月より同じ地区にある岐阜市立の則武保育所の
民営化を機に、春日学園が新生「のりたけ保育園」として
運営することとなりました。

これまでに培ってきた保育や保育サービスをさらに向上させ、
子どもの健やかな育ちを支援していきたいと思っています。

のりたけ保育園運営の基本的な方針は、“安全・安心の保育”を
最重要課題とし、家庭との連携を密にし、子ども、保育士、保護者から
笑顔が咲き誇り、愛にあふれた保育環境を提供します。
そして、子どもの発育発達段階に合わせながら、
人生の基盤となる「こころ、からだ、知能、社会性」の
バランスのとれた教育・保育を実践し、
子ども一人ひとりの限りない可能性を伸ばして、
生きる力を育む保育を行っていきます。

また、環境や成長速度が異なる子ども達のために一人ひとりに寄り添い、
誰もが主体的に取り組むことのできる保育を追求し続け、
保護者や地域住民から信頼して頂ける保育者集団の形成を目指します。

園長先生からのメッセージ

幼児期は、心身の発育・発達が著しく、
基礎が形成される大切な時期です。
その大切な時間の多くをのりたけ保育園で過ごすことになります。
私達は、一人一人の個性や気持ちを人として尊重し、
子ども達の成長を次の3点から支えていきたいと考えています。

1点目、子ども達が、日々の生活や遊びの中で、
人やもの・こと・自然と触れ合う中で、
学びを深めていくことを踏まえて、環境の充実を図って参ります。

2点目、園全職員はもとより、保護者の皆様とも丁寧に関係を紡ぎ、
「のりたけ保育園チーム保育」を心がけて参ります。

3点目、春日学園として特色ある保育・教育(運動遊び・幼児英語)を
遊びを通して取り入れて参ります。

子ども達は、成長する中で様々なことができるようになりますが、
『できる』ことにばかりに主眼を置かず、その過程で子ども達が付けていく目に見えない力、
つまり「非認知能力」(やり抜く力、粘り強く頑張る力、
人と関わる力、失敗から学ぶ力、創造する力等)を培い、
保育目標に示す子どもの姿を目指して参ります。

javascriptが無効です。ブラウザの設定からjavascriptを有効にしてください。
Width … 000 px
Height … 000 px
Size …